ヒゲ生やして1年経ったけど、フィリップスのヒゲトリマー買っとけば何とかなります

フィリップスヒゲトリマー_ヘッド

ヒゲを生やし始めてから早一年。ハサミも使わず、最初からフィリップスのヒゲトリマー(ヒゲ専用のバリカン)一択で整えています。自分の好きな長さに均一カットしてくれるので、形さえ決めてしまえば剃るだけ。丸洗いもOK。忙しい朝の時短になっているので重宝しています。

ヒゲ整えるのもだいぶ慣れてきたので、今日はサクッと紹介しておこうと思います。

スポンサーリンク

PHILIPS BT5200/15

フィリップスヒゲトリマー

僕が愛用しているのは、PHILIPSの「BT5200/15」2015年発売のモデルです。充電式で丸洗い可能。重さは180g。iPhoneXs(174g)より若干重いぐらい。

2019年1月現在、Amazonで販売されているのは「BT5204/15」2016年発売の最新モデル。性能や仕様は、2015年発売モデルと変わってないそうです。

性能

0.4mm〜10mmまで、17段階の長さ調節ができる

ヒゲトリマー長さ調節

トリマーの長さを細かく調節できるので、自分の思い通りのヒゲをデザインできます。17段階も使いこなすの難しくて、まだ3mm〜4.5mmを行ったり来たりですが。こだわりが出てきても細かい調整には余裕で答えてくれそう。

本体丸洗い可能

フィリップスヒゲトリマー_丸洗い

IPX7基準を満たしている(一時的に水没しても機器に悪影響がない)ので、ヒゲの手入れが終わったら、そのまま水道水で洗えます。ヒゲの手入れだけでなく、機器の手入れも簡単。

1時間の充電で約60分のコードレス使用可能。

一回フル充電しとけば、一ヶ月近くは保ちます。コード繋いだままでも使えます。重さもiPhoneXsとほとんど変わらないので、旅行に持っていくのも負担なし。

ヒゲ生やそうって思った時に手元にあるといい

最初に生やす時って「どんな形に」「どんな長さに」と、あーだこーだ考えてしまいます。トリマー持ってれば微調整できるので、ビビりながらでも、少しずつ形を作っていくことができます。

YouTube

BT5200の公式動画。ヒゲトリマー未体験なら大まかなイメージ掴めむのに良いです。伸ばしきった後も大活躍ですが、生やし始めに手元にあると何だか安心します。

確かにヒゲは飛び散るが...

Amazonのレビューに結構書いてあるんですが、剃ったヒゲが洗面台に飛び散ります。これだけは防ぎようがない。飛ぶといっても洗面台の中に収まるレベルなので、個人的には全然気になってません。

気になる方は、バキューム機能がついている上位機種がオススメ。カットしたヒゲを最大90%吸引してくれるそうです。

さいごに

一年間使ってみましたが、ヒゲ伸ばす&保つならヒゲトリマーは楽で手放せません。思ってたほどスタイリングに時間かからないので、迷ってる人は思い切って伸ばしてみてください。ヒゲトリマーあれば楽勝です。何とかなります。ではまた。

▼紹介したフィリップスのヒゲトリマー。最新機種はこちら

Amazon | フィリップス ヒゲトリマー 充電・交流式 【最小0.2mm幅 17段階長さ調節】 BT5204/15 | Philips(フィリップス) | ヒゲトリマー
フィリップス ヒゲトリマー 充電・交流式 【最小0.2mm幅 17段階長さ調節】 BT5204/15がヒゲトリマーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。