情緒あふれる町。小江戸「川越」をカメラ片手に散策してきました【観光】

最後までご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると励みになります。

時の鐘2

今話題の町、小江戸「川越」をカメラ片手に散策してきました。江戸〜大正まで、時代の面影が残る町を紹介します。

スポンサーリンク

蔵造りの町並み

川越城の城下町として賑わったエリア。川越の中心エリアで、町並みが出来上がったのは明治時代。

川越-蔵造り1

着物で町を歩く外国人観光客の方も。

川越-蔵造り2

掛軸と額縁のお店「フカゼン」

川越-

蔵造りの街並みが小江戸感を味わわせます。

川越-蔵造り3

どんぐり共和国前のトトロもレトロな雰囲気を漂わせていました。

もとまち団子

メインストリートからは外れていますが、池田屋本店の焼だんごも美味しいですよ〜

焼きだんご

時の鐘

時の鐘1

明治時代の川越大火の直後に再建されたもので、約390年もの間、時を刻み続けている「時の鐘」。川越のシンボルタワーですね。鐘が鳴るのは、6:00、12:00、15:00、18:00の一日4回。

「残したい日本の音風景100選(環境省)」に選定されています。

時の鐘2

菓子屋横丁

菓子屋横丁

ふ菓子や組飴、団子などを製造しているお店が集まる菓子屋横丁。昔は70軒ものお店が軒を連ねていたそうです。現在でも20件程が営業しています。

菓子屋横丁-ポスト

ポストも年季入ってます。いつからこの横丁の郵便物を守ってきたんだろう。

菓子屋横丁-カメレオン

5円玉に乗っかるカメレオンを発見。これ、発泡スチロールで作ってあるそうです。すごい。

川越氷川神社

川越氷川神社-入り口

最後は川越のパワースポットで有名な「川越氷川神社」

安鯛みくじ1

安鯛みくじにも挑戦。詳しくは↓↓に書きました。氷川神社は絶対に寄るべし。

まとめ

川越駅or本川越駅から歩いてゆっくり散策すると楽しいですよ。川越駅には、無料の観光地図や簡易ガイドが何種類か置いてありました。是非手に取ってみてください。ではまた!

スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると励みになります。

フォローする