鳥取の大自然にかこまれて味わう山菜料理。智頭町「みたき園」は極上のパワースポット

今回は、鳥取県智頭町芦津の山あいにある「みたき園」を紹介します。大自然に囲まれながら、川のせせらぎや鳥の声をBGMに、地元で取れた山菜料理を楽しめるパワースポットです。

スポンサーリンク

みたき園

みたき園ホームページ
via:https://ashidumitakien.jp/

姫路市内から車で1時間半、鳥取県智頭町の山あいにある「みたき園」。みどりの森の中、敷地内の古民家で地元の山菜料理を楽しむことができます。

創業から40年以上。2018年には『ミシュランガイド京都・大阪+鳥取 2019』にも掲載。古き良き日本の田舎を食で伝え続けています。

園内

みたき園駐車場

芦津の山道を登っていくと、ひょこっと現れる「みたき園」の看板。ここに車をとめます。

みたき園の飼育小屋

早速園内に入ろうとしたところ、入口手前に飼育小屋発見。

みたき園の飼育小屋2

うさぎ&ニワトリが元気に活動中。早速自然を感じる。

みたき園入口

ここが園内入口。

みたき園「草屋」

園内入ると、藁葺屋根の建物がお出迎え。みたき園の母屋で「草屋」と名付けれらています。

みたき園の園内

園内はぐるっと回っても15分程で散歩ができる広さになっているそうです。見渡す限りの自然、自然、自然。

みたき園の園内

渓流のせせらぎや、鳥のさえずりがBGMの癒し空間。

みたき園の園内

精神的にかなり癒されます。まさにパワースポット。

食事処

みたき園食事処

園内には食事処が複数あります。

みたき園には、母屋である「草屋」、テーブル席もある「かずら」のほか、それぞれに個性ある計6つのお食事処と、川床席、赤毛氈(もうせん)のお席、それから、カフェ「クインス」があります。

みたき園「丘」

今回案内してもらったのは「丘」という食事処。

みたき園「丘」室内

室内はこんな感じ。

他の食事処も紹介

みたき園_川床の席

川床で食事を楽しめる席や

みたき園「かずら」

大人数収容できるテーブル席のある食事処「かずら」もありますよ。

食事

みたき園のコース料理は3種類。コース料理は前日までの完全予約制です。

  • 「絵」コース:6,000円(税別)
  • 「杉」コース:4,000円(税別)
  • 「竹」コース:2,800円(税別)

みたき園「杉」コースの料理

今回頼んだのは「杉」コース。やまめ山椒味噌焼き、ニジマスのあらい、園内で毎日作っているこんにゃくの田楽など、山里の味を存分に楽しめるコースです。

みたき園「やまめ山椒味噌焼き」

やまめ山椒味噌焼き。やまめは園内を泳いでいるものです。こんがりと焼き上がって美味。

みたき園「デザート」

デザートで羊羹もいただけます。

みたき園のCafe「小鳥のcafe Quince」

小鳥のcafe Quince

昼食後は、みたき園のCafe「小鳥のcafe Quince」に行ってみました。cafeの名前にもある「小鳥」のさえずりが聞こえる、あたたかみのあるCafe。

小鳥のcafe Quinceの店内

店内の様子。

小鳥のcafe Quinceの店内

飲食の他、雑貨の販売もあります。

メニュー

小鳥のcafe Quinceのメニュー
  • 抹茶
  • 水出し珈琲
  • 紅茶
  • なかよしジュース
  • はちみつレモン
  • 梅ソーダ
  • こっこプリン
  • 気まぐれケーキ

縁側席からの眺めが絶景

小鳥のcafe Quinceの縁側席

縁側の席が空いていれば、絶景が楽しめるのでおすすめ。

天空の滝

目の前に「天空の滝」を楽しみながら、コーヒーを楽しむことができます。

さいごに

鳥取を訪れた際は足を運んで見てください。普段、なかなか感じることのできない「日本の田舎のたたづまい」を存分に味わえる素敵な空間でした。

お店情報


「山里料理 みたき園」

  • 住所:鳥取県八頭郡智頭町大字芦津707
  • 電話:0858-75-3665
  • 営業:10時〜16時(食事は11時半〜14時)※冬季休業
  • 定休:原則火曜と水曜