鎌倉の隠れ家カフェ 「sahan」で鎌倉駅のホームを眺めながらホッと一息しませんか

最後までご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると励みになります。

sahanパン定食

今回は、鎌倉のカフェ「sahan」を紹介します。JR鎌倉駅のホームが見えるカフェで、フラっと寄ってホッと一息するには抜群の、隠れ家的な落ち着いた空間でした。鎌倉観光の合間に寄れば疲れが癒されます。

スポンサーリンク

sahan(サハン)

sahan

sahan(サハン)とはお茶とご飯の「茶飯」
日常のごくありふれたことという意味があります。
なんでもない毎日の普通の生活。
でも、それが一番幸せで、ありがたく、必要なこと。
sahanはそんな「普通のこと」を大切にしたいという思いから始まりました。

via:http://sahan-etc.jp/grape3/

「日常を大切にする」という事をコンセプトに、お茶とご飯を楽しめるお店です。

鎌倉駅徒歩2分

sahan_入口1

鎌倉駅西口を出てすぐ右、線路沿いを歩いていると「鎌倉 六弥太」が見えます。

sahan_入口

その横にある水色の扉が「sahan」の入り口。気にしてなければ見逃してしまいそうな扉。隠れ家的な雰囲気が出ています。

sahan_入り口

扉を開けて階段を登れば到着。

店内

sahan店内

店内は木調のやわらかい雰囲気に包まれています。お店のコンセプトがそのままインテリアに表現されている感じ。

sahanキッチン

こちらがキッチン。PASCOのCMに出てくるお洒落なキッチンって感じです。最高。

sahanカウンター

窓際のカウンターテーブルからは電車(というか、鎌倉駅のホーム)が見えます。ホームに立っている人がこちらを指差している事もあり、ドヤ感が味わえるかも。

sahan番号札

注文すると渡される番号札が可愛らしい。細かなこだわりが心を和ませてくれます。

パンの定食

ランチのご飯ものは「パンの定食」オンリーでした。

sahanパン定食

この日は

  • ホワイトソースのハンバーグ
  • あさりと春キャベツのさっと煮
  • サラダ
  • 菜の花のスープ
  • パン

という内容で¥1300。

あさりと春キャベツのさっと煮

あさりと春キャベツのさっと煮。

ホワイトソースのハンバーグ

ホワイトソースのハンバーグ。

sahan_パン

パンは菜の花のスープにつけて食べると絶品。量的にも女性向けだと思います。どれもあっさりした味付けで食べやすいですよ。

sahan_珈琲

プラス¥300で珈琲か紅茶を付ける事が出来ます。コーヒーカップなどの器にもこだわりがあるので、味だけでなく見た目でも楽しませてくれます。お洒落な雑貨屋さんが多い鎌倉ならではのチョイスかも。鎌倉駅を眺めながらホッと一息して帰りましょう。

まとめ

sahan_階段

休日は人で混み合う鎌倉ですが、メインストリートを少し外れてみるとsahanのような落ち着いた空間に出会えるかもしれません。皆さんも是非。

お店情報

「sahan」

  • 住所:鎌倉市御成町13-38 萩原ビル2F
  • 電話:0467-24-6182
  • 営業:11:30-21:00
  • 定休:CLOSE 水曜日+第2・4木曜日
スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると励みになります。

フォローする