【WEAR】iPhoneリモートシャッターPachil(パチる)を使えばコーデアップが劇的に楽になる

最後までご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると励みになります。

pachil

via:TAXAN

今回はiPhoneリモートシャッター「Pachil(パチる)」を紹介します。WEARのコーデアップがかなり楽になる大人気の自撮りシャッター。僕もPachilを使い始めてからWEARのコーデアップがはかどるはかどる。かなり時間短縮にもなりました。

スポンサーリンク

Pachil(パチる)

pachil2

離れていてもパチっと自撮りができるiPhoneリモートシャッター(iPadでも使用可)。シャッターボタンとスマホスタンドの一体型になっています。ios7.0以降専用対応。↑画像は大きさの参考に。

pachil2

スタンド部分とシャッターボタン部分は簡単に分解できます。

特徴

Pachil(パチる)の特徴をサラッと紹介。

アプリ不要ですぐ使える

Pachilは使用手順は以下。

  1. iPhone/iPadのBluetooth機能をONにする
  2. 製品のボタン長押しで点灯し、ペアリングモードにする
  3. iPhone/iPad側に検出されたらペアリングする
  4. カメラ機能を起動後、Pachilのボタンを押すとLEDが緑に点灯し、ワイヤレスでシャッターが切れる

ペアリングさえ出来れば使えます。3分間使用しないと自動的に電源が切れる仕様なので、WEARで自撮りする場合「撮影の準備を済ます→Pachilとペアリング」という具合にしておいた方が良いです。先にペアリングしてから準備をしてると電源がすぐ落ちてしまうので注意。

スタンドとしても使える

Pachil自体がスタンドになります。上手く使えば、屋内でも屋外でもPachilだけでiPhoneを固定して撮影まで出来てしまうというワケです。超優秀。

WEAR以外でも使える

PachilのWEAR限定モデルが発売された事もあってWEARユーザーに人気の商品ですが、特に女性は普段の生活の中でも「自撮りアイテム」として重宝できると思います。

まとめ

WEARのコーデアップで使う場合、Pachilを持ってる手をどうやって隠すかがポイントです。ポケットに手を入れてみたり、手が見えないように体を傾けてみたりと工夫するのも面白いですよ。コーデアップが面倒な人は是非試してみてください。ではまた。

スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると励みになります。

フォローする