【ユニクロ】1都3県のセブン-イレブンで受取りサービス開始。順次全国拡大へ

最後までご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると励みになります。

UNIQLO|ユニクロ公式サイト

via:http://www.uniqlo.com/jp/

2月16日(火)から、ユニクロの公式オンラインストアで購入した商品を「セブン-イレブン」店舗で受けとれるサービスをスタートさせました。1都3県でスタートし、順次拡大予定となっています。

スポンサーリンク

注意しておきたいポイント

利用時に注意しておきたいポイントをまとめてみました。

  1. 受け取り期間は10日間
  2. 引換票はスマホ表示でOK
  3. お届け日時は指定できない
  4. GUを含む注文は対象外
  5. 3辺の合計が130cm以下の箱に入るご注文
  6. 配送料は、一回の 注文ごとの商品合計金額が5,000円(税抜)以上で無料。5,000円(税抜)未満の場合は450円(税抜)が必要。

受け取り期間の制限や、お届け日時が指定できない事はAmazonも同じですね。制限を過ぎた商品はキャンセル扱いになります。

3辺の合計130cm以下

箱最大サイズ(縦32.6cm×横 49.4cm×高さ37.1cm)に入る商品数でないと、セブンイレブンでの受け取りはできません。

ユニクロ・ジーユー_オンラインストアお客様窓口

ウルトラライトダウンジャケット8枚分も入るので、かなり余裕はありそうです。規定サイズを超えた場合は登録住所に届けてくれます。

そもそも「ユニクロ×セブンイレブン」って何で?

流通業界の巨人同士が手を結ぶ。セブン&アイ・ホールディングスとファーストリテイリングが、年内にも業務提携する方針を固めたのだ。

昨年、包括的業務提携を結んだユニクロ×セブンイレブンの施策第一弾。今回は

  • ユニクロは「セブンイレブンの巨大な店舗網で商品を販売できる」
  • セブンイレブンは「商品を受け取りに来た客が買い物してくれる」

といった双方のメリットがありそう。今後はセブンのPBにユニクロが絡んでくる流れになるのでしょうか。楽しみです。

まとめ

仕事等で荷物をなかなか自宅で受け取れない人は便利ですね。個人的には、今後、下着類やTシャツは公式オンラインでまとめて買ってセブンイレブンに送ると思います。ではまた!

 

スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると励みになります。

フォローする