社畜男子よ、己の部屋を清潔に保つ為のたった2つの方法がある

最後までご覧いただき有難うございます。お役に立ったらシェアお願いします!

社畜男子 

こんにちは、THE・社畜男子こちき(@kochiki_)です。

1日の半分以上を会社で過ごし、我が家に帰っても飯食って寝るだけという社畜男子の皆様。

あなたの部屋はゴミ屋敷になってきていませんか??

今回は、社畜男子の僕が自分の部屋をゴミ屋敷にしない為に定めたたった2つのルールを紹介します。

 僕はこの2つのルールを守るだけで、貴重な休日を家事に潰される事が無くなりました。

スポンサーリンク

其の一 レンチンの時間=家事の時間

レンジ

 社畜男子の僕が晩飯に多様するのが冷凍食品。家で飯を作る元気はありません。

冷凍食品はコスパ抜群ですが温めるのに時間がかかります。

皿1杯の焼飯を温めようと思うと500wで約8分です。パスタも5分かかります。

僕はこの時間を家事に充てるというルールを作っています。

外食を控え、2日に1度は冷凍食品を食べるよう心掛ければ

1週間で30分程度の時間を捻出できます。

30分間、自分の部屋を掃除すると想像してみてください。結構綺麗になりませんか?

レンチンの時間だけテレビを消して立ち上がろう、社畜男子!

其の二 風呂を溜める時間=家事の時間

お風呂

風呂に入るのは面倒でシャワー派ですが、最近は毎日風呂を溜めます。

風呂を溜める時間を家事の時間に充てるというルールを作ったからです。

我が家の風呂は一杯溜めるのに10分弱かかります。これを丸々、家事の時間に充てます。

結果、1週間で70分間も家事に充てる時間が捻出できました。

1K・ワンルームに付いている風呂なら、 おそらく一杯溜めるのに約10分てとこです。

夜に風呂に浸かっておくメリットは沢山あるし、社畜男子にとっては一石二鳥です。

まとめ

今回紹介した二つのルールを守れば、一週間で100分間家事に充てる時間が作れます。

僕の場合、平日だと自分の決めたルール以外で家事の時間は作りません。

部屋の清潔さは充分保てますし、そのうちトイレや風呂場まで手が回ってきます。

 すっきりした空間を作ることで仕事の効率が上がり、リスク回避になる

日本を代表するクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が、自身の著書

「佐藤可士和の超整理術」の中でも空間整理について言及しています。

仕事にも繋がるなら部屋の片付けぐらいやってやろうぜ、社畜男子!

ではまた。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき有難うございます。お役に立ったらシェアお願いします!

フォローする